クラシック・ラジオ

質疑応答

画像

VLCメディアプレーヤーをインストールする

インターネットラジオの聴取はウインドウズ10になって面倒になった。ウインドウズ10の既定の音楽プレーヤーであるグルーブミュージックがインターネットラジオに対応していない。既定の音楽プレーヤーをウインドウズ・メディアプレーヤーに変更することで従前どおり一部の放送形式(Media/asx、MP3/m3u)の聴取が可能になるが、相変わらずOGGやFLACなどの高音質放送には対応せず、ブラウザにインターネットエクスプローラーを利用する場合は複数チャンネルが読み込めない。

業務上使用するパソコンなどで新規インストールが禁じられているのでなければ、ネットラジオの全形式に対応する音楽プレーヤーを新規インストールするのが望ましい。このページではパソコンに不慣れな方のためにVLCメディアプレーヤーのインストール方法を詳しく紹介する。

ダウンロード

公式サイトからVLCメディアプレーヤーをダウンロードする。パソコン環境が自動判定されるから悩まずに「ダウンロード VLC」のボタンを押す。無償配布で費用は一切かからない。

公式サイト→https://www.videolan.org/vlc/index.ja.html

インストール

ダウンロードしたアプリケーションをダブルクリックしてインストールを開始する。なお、64ビット用は用意されておらず、64ビットのウインドウズにも32ビットのソフトをインストールする。64ビットのウインドウズには32ビットのソフトを動かす仕組み(32ビットエミュレーター=WOW64)が備わっているからなんの問題ない。現状で64ビット用のソフトは多くない。

画像

最初に言語を選択する。

画像

セットアップウイザードが開いたら「次へ」を押す。

画像

ライセンス契約書が開いたら「次へ」を押す。

画像

「コンポーネントを選んでください」が開いたら「カスタム」を選び、「ウェブプラグイン」の印を外す。この機能は音楽ファイルなどをブラウザに埋め込んだ状態で再生させるためのもので、再生状態がブラウザに依存し、ユーザー制御が限られるため使い勝手が悪い。ウェブプラグインが必要な方はそのままにする。インストールしてブラウザの設定画面でプラグインを無効にする方法もある。

その他、不要な項目は印を外す。「ファイルタイプの関連付け」は面倒なためこの場面では触らない。各種音楽プレーヤーをインストールした後にウインドウズ10の設定変更で聴取環境を構築し直す。

コンポーネントを選び終わったら「次へ」を押す。

画像

「インストール先を選んでください」が開いたら、そのままの状態で「インストール」を押す。

画像

「セットアップウィザードは完了しました」が開いたら「VLCメディアプレーヤーを実行」に印をつけたまま「完了」を押す。

画像

初期設定

VLCメディアプレーヤーが起動したら「プライバシーとネットワークポリシー」の窓が開くから、好みで選んで「続ける」を押す。なお、この項目は設定画面でいつでも変更できる。

画像

メニューの「表示」を押し、「プレイリスト」を選ぶと多チャンネル局のチャンネル一覧が表示できる。「スターテスバー」を選ぶと再生中の曲名を下枠に表示する。

画像

下は多チャンネル局 クラシック・ラジオのチャンネル一覧を表示した状態。

画像

最後にメニューの「ツール」から「設定」を開き、「プレイリストとインスタンス」の枠内にある「一つだけ実行を許可」に印をつけて「保存」を押す。この項目に印がない状態でネットラジオの起動リンクを何度も押すとVLCメディアプレーヤーが多重起動する。

画像

他の音楽プレーヤーを使用したい

当サイトではサポートの都合上VLCメディアプレーヤーを推すが、もちろん他の音楽プレーヤーを使用しても構わない。オーディオマニアお気に入りのフーバー2000(日本語版なし)や、往年の定番ソフトであるウィンアンプ、なにかと面倒くさいが便利な機能が捨てがたいリアルプレーヤーほか、有償の音楽プレーヤーを利用する方もいる。ネットラジオ事情に通じたら自分好みの音楽プレーヤーを探すのも楽しい。

質疑応答の表紙へ戻る

送信用紙

最終更新日 2017年07月09日