クラシック・ラジオ

コンセルトツェンダーの放送音源

放送音源を配布する放送局は少なくないが、一部番組を期限付きで配布するのが通例であり、コンセルトツェンダーのようにすべての番組が無期限で呼び出せる放送局は他にない。コンセルトツェンダーは古楽、民族音楽から、クラシック、現代音楽、ジャズまでを守備範囲とし、傍流や流行にも詳しい。玄人向けの幅広い番組がオンディマンド音源として膨大に蓄積されている意義は大きい。宝の山から掘り出し物を発見しよう。

検索

コンセルトツェンダーのロゴ

コンセルトツェンダーの放送音源を検索 (新着順):

  • 検索結果の見出しを押すと番組詳細ページに移る。
  • 放送済みの番組には再生ボタンがある。放送予定の番組にはない。
  • オンディマンドで呼び出せるのは2006年9月4日以降の番組。
  • 放送音源は MP3 128kbps(古い番組)~160kbps。
  • 複数の単語で検索する場合、全角文字の空白は使用しない

検索結果への直通

検索結果への直通リンクを設けた。翻訳が必要な方は翻訳精度の観点からマイクロソフト・エッジの利用を勧める。

大家

ラテン文字に関しては原語つづりを採用。アクセント符号は検索する際は省いてよい。キリル文字には蘭語つづりがある。

楽団

番組

曲目を読み解くための語彙

ファイルとして保存

2016年11月のホームページ全面改装により音楽ファイルを直接落とせなくなった。音源は従前通りMP3(160kbps)の静的ファイル。ダウンロードするにはブラウザにファイアフォックス(火狐)を使うのが手っ取り早い。ここでは火狐を使って音源を落とす方法を説明する。

  1. 火狐で番組ページを開いて音源の再生ボタンを押す。
    画像
  2. メニューバーの「ツール」から「ページ情報」を開き、「メディア」のタブに切り替える。メニューバーが見当たらい場合はブラウザ上部のなにもない場所を右クリックしてメニューバーを表示させる。
  3. リンク一覧に画像やアイコンなどと並んで音源も表示される。種類に「音声」とあるファイルが目的の放送音源。音源アドレス上で右クリックして「コピー」を選ぶ。
    画像
  4. ウィンドウズ・メディアプレーヤーを起動し、メニューの「ファイル」から「URLを開く」と進み、「開く」の欄を右クリックして「貼り付け」、「OK」を押せば音源の再生が始まる。あるいは、もっと単純にブラウザのアドレス欄に貼り付けてもよい。
    画像
  5. 音源の再生中に「ファイル」「名前を付けて保存」と進み、任意のファイル名を記入して「保存」を押す。ブラウザの場合はメニューバーの「ファイル」から「名前を付けてページを保存」を選ぶ。
    画像
  6. ダウンロードが始まる。

お勧め番組の一覧

送信用紙

最終更新日 2022年09月17日(記述の整理と増補)